医療系の職種

| 未分類 |

一言で医療系と言っても、医療系の職種にはたくさんあります。医療系の職種として代表的なのは、医師や看護師です。しかし、それだけではなくて、医師や看護師以外にも薬剤師だったり、臨床検査技師や臨床工学士、レントゲン技師や臨床心理士、ケアマネージャー、救急救命士、社会福祉士や介護福祉士、精神保健福祉士や、理学療法士や作業療法士や言語聴覚士などといったリハビリテーションを行うセラピストも医療系の職種に該当します。さて、そんな医療系の職種が今や大変な人気を集めています。その背景には、現代の少子高齢化社会があります。戦後の日本は、世界一の長寿大国になりました。そのことは、日本が他の国に対して誇るべき点であり、たいへんめでたいことです。しかし、現実には、めでたいめでたいとばかりは言っていられません。長寿大国になったことで高齢者の人数が増えましたが、元気な高齢者ばかりではなくて、介護や何らかの医療行為を必要とするような方々が増えているのに、その一方で、介護を行う子供の人数が減っているので、いまや老人ホームや病院などは、すごい数が必要になっています。そのため、新しい施設が出来ては医療系の転職の必要性が出てくるわけです。また、医療系の転職の必要性は、他の理由もあります。それは、やはり病院や施設によって、方針が異なっていたり得意分野というのがあるので、それらを身に着けるためにも医療系の転職の必要性があるのです。